彼氏から電話があり→私「後ろが賑やかだね、どっかで呑んでるの?」彼氏「うん友達と一緒」→また電話が鳴り今度は親友のA子→私「A子?どうしたの?」」と言った瞬間、後ろのざわめきが彼氏と同じだったことに気付いた・・・

34pt   2017-08-12 21:15
キチ取物語

820: キチ取物語 2007/01/21(日) 12:05:20 ID:4kVnReAW

もうだいぶ昔の話だが、親友に彼氏を寝取られていた。
なんで発覚したかというと、彼は毎晩私が寝る前に電話をかけてきてくれたのだが、
そのときは後ろがにぎやかで
どっかで呑んでるの?
と聞いたら、
うん、友達と一緒
と言っていた。
あーそうなんだ、おやすみー
と平和に寝てたら、また電話が鳴って出てみたらA子(親友)だった。
(当時はまだ携帯が普及してないころ)
まだ学生で、夜中に電話でおしゃべりすることもしょっちゅうあったんで、
あーA子、どうしたの?
と言った瞬間に受話器から聞こえてくるざわめきがさっきの彼氏の
電話と同じことに気づいた。
そして何もかもが一気にわかった。
・・・彼、いるんでしょ?出して
と静かに言ったら、
うん・・・
と返事があって、しばらくして彼が電話に出てきた。
(そこからすげー修羅場)
私の親友は当時不倫相手と別れたばっかりで、すっかり不倫体質になったらしく
次のターゲットを私の彼氏にして、言葉巧みに呼び出して何度も会っていたらしい。
それまでは昼間に会ってたけど、初めて飲みにいって、彼が
ごめん、ちょっと
と席を立って店の公衆電話でニコニコ電話してるのを見て私と電話してると悟り、
カッときたらしい。
で、自分で電話して
彼といるの
と高笑いしてやろうとしたら私に先手を打たれてビビったらしい。
もちろんそのまま別れた。
すげー優しい彼氏だったし、彼女とも付き合いが長かったので、
世界が崩れ落ちるような衝撃だった。
二人ともそんなそぶり全くなかったし。

でも人間の感覚ってすごいなーと思った。
ほんのかすかなざわめきから、雷に打たれたように
すべてが分かったあの瞬間は人生でベスト3に入る衝撃だった。

 

引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/kankon/1166963503/

821: キチ取物語 2007/01/21(日) 12:11:45 ID:NR+MwmEP >>820
で、結末は?
その彼は、親友と結婚してます、とか。

 

823: キチ取物語 2007/01/21(日) 12:15:48 ID:4kVnReAW >>821
結婚してくれたならまだマシだが、
もと親友はその騒ぎの半年くらいあとにしれっと電話かけてきて
あのときはごめん、彼とはあの後すぐ別れたの
とぬかしたので、
すぐ別れるくらいなら汚い手使って奪うな。
 だいたいどのツラ下げて電話してきやがったこの野郎(大意)
と言って切りました。
まわりの友達も事情を知ってみな彼女と縁を切ったので、
今どこでどうしてるのか全然知りません。

 

865: キチ取物語 2007/01/22(月) 09:44:05 ID:HKR8cYX3 >>820
文才あるね

 

824: キチ取物語 2007/01/21(日) 12:40:38 ID:vz/yWacy 女性のその能力を別のとこに生かして欲しいと思うこの頃
キチ取物語より

nenga_mark02_take.png?w=680女性は勘が鋭いからね、空気を読む力は断然女の人が上だわ
nenga_mark03_ume.png?w=680彼氏はきっと浮気だと思ってなかったんでしょうね

 

   鬼女・生活まとめあんてなトップページへ
2ちゃんねるまとめサイトのまとめアンテナの話題が沢山。

今日の人気エントリー

月イチで実の父親と面会してる妻の連れ子が「正直めんどくさいのでもう会いたくない。お父さんは今のお父さん(俺)だけだし」と言い出した。俺に気を遣ってるのかな
彼女がゼクシィ買ってきた時の対処法
後ろから猛スピードで煽ってくるDQNカー→追い越す時にDQNカップルの勝ち誇った顔が見えた→しばらく走ると大破したDQNカーがあり、カップルが俺に向かって助けを求めていたので・・・www
病気で断耳してドラえもんみたいになった我が家の猫を、兄嫁が「可愛くない、キモい」と馬鹿にする→エスカレートする兄嫁の行動に私がブチ切れた結果www
【マジキチ】彼氏が私の友人に興味を持って色々と聞いてきた→後日、とある事実が判明し彼氏が怒鳴り込んできたww
妻の元義両親が子供達にある事ない事言い触らして、長女と次男が反抗的になってしまった
嫁が俺の買ったつまみを勝手に食べて、「私は食べてない!このマザコン!」とキレてきた
【ワロタwww】ホステスだか飲み屋の姉ちゃんが適当に教えたウソの番号が偶然私のものと一致→毎日毎日オッサンから電話がかかって来て悩んでいたら、おっさんが「もう君でもいいかもなぁ、いくつ?」と聞いてきたので・・・
親がカルト宗教にドハマリ→兄と俺は学校にも行かせてもらえず教団の手伝いをさせられた→兄「ここにいたらダメになる、一緒に来て欲しい」
宮城から福島まで高速使わず行け、4:00に出て8:30には現地に着け、という無理難題を押し付けられ向かったら、途中で車がスリップした→俺「事故りました」上司「で?」